やっぱりな、って

2年生になってからのこうタン。
担任の先生を困らせることが多くなったみたい。
もともと心配性のママは連絡帳たっぷり書きます。それに対してのお返事がこれまたたっぷりで。すっかりママと先生の交換日記状態(笑)

なんて。笑ってられない事態。
1年生の時に受けた教育相談。病院に行ってみるのも一つの手段、って言われていた。私も診断だけ受けてみようと思いつつ、始めの一歩が踏み出せず。
もうそんな悠長なことしてらんない。

病院、行ってきました。大きな総合病院は、待ち時間も長いし、予約や紹介状が必要だったりとなかなか敷居が高い。(最初の一歩が踏み出せない理由でもある)
あちこち調べて。開業医の小児科医院で小児神経科もやっているところを見つけました。口コミ見てもなかなか評判もいい。家から車で20分程度の距離。

学校で言われていることや家庭内での様子を話し。母子手帳でいままでの成長過程を。1歳半健診での言葉の遅れの指摘、3歳児健診での聴力の検査。
その間、こうタンは先生の机の端っこにお絵かき帳を置いてずーっとお絵かき。その様子を先生が観察してるな、ってのは感じました。

先生が言いました。「限りなく『高機能自閉症』の疑いがあります」
あ、そうなんだ。ショックとかそういうのはなく、ただ「そうなんだ」と。
もともと何かが違う、何らかの発達障害があるに違いないって思ってたからでしょう。いたって冷静に受け止めました。
それから学校へ報告のこととかを話して診察は終了。

よーい、ドンして。とりあえず第一障害のハードルを飛びました。次はなんでしょう?網くぐり?平均台?これから長い長い障害物競走が続きます。ゴールが見えてくるのか、ゴールが存在するのか、わかりません。
こうタン、お手々つないでママと一緒に走ろうね。ママも、わからないんだ、どんなコースなのかも。だから、ゆっくりでいい、ひとつひとつクリアしていこう。疲れたら、一緒に休もう。大丈夫、ママ、絶対手を離さないからね。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年07月21日 11:42
お母さんお言葉に涙が・・・
頑張ってね。
ひょう女
2014年07月21日 12:00
長男の時
診断名を求めるあたしに
先生が言いました。
診断名前つけて彼が楽になるなら
つけましょう、
でもそうじゃないなら
何に困難を感じてて
どうやったら楽に楽しく生活出来るか
これから探していきましょう。
みゆっちさん、お互い手探りだけど
ゆっくり探していきましょうね。
2014年07月24日 21:35
ハッピーさん。

これからも今と変わらず頑張っていきます。応援しててくださいね。
2014年07月24日 21:45
ひょうちゃま。

診断名がついて、一番楽になったのはたぶん私。
どうしてこの子は…って必要以上に怒ったり、甘やかしすぎなのか?って悩まなくてすむから。
この子はこの子、仕方ないじゃない、って思えるようになるから。
ゆっくり歩んでいきたいと思います。話してくれてありがとう。

この記事へのトラックバック