死んじゃうかと思った!

だめだめ~!まだ死んじゃうわけにはいかないのだ!かわいいこうタンがかわいくないおじちゃんになるのを見届けるまでは。
と、冗談はおいといて。前にも記事にしたことがありますが、私ときどき原因不明の発作のようなものに襲われるんですよね。
痛い。苦しい。どこが?胃?背中?息も。同時に頭が痛くなったり、歯の浮くような感じになることも。

先日、こうタンが学校に行ってる時になっちゃたので病院に行きました。
狭心症?心電図では異常なしでしたが(治まっちゃってからだと何も出ないらしい)念の為、お薬をもらいました。
『ニトロペン』心臓発作のお薬ですね。私のイメージでは映画の中でお金持ちのおじいさんが「うぅっ…早く…薬を…」ってメイドさんが持ってきた茶色の小瓶からザラザラッって出して飲む奴。どんだけ偏ったイメージなんだか(笑)

しばらく大丈夫でしたが来ちゃいました!

あ、やばいかも。どうしよう。実はお薬が出た後、一度発作が起きたんです。その時はどうしよう?お薬飲む?なんて迷って飲まずに治まるのを待ってしまったんです。次に病院に行った時に「そういう時は迷わず飲みましょう」って言われちゃったんです。

舌下に入れて、待つ。どうなんだろ?普通で待つのと変わらない時間?いや、飲まなかったらもっとひどかったかもしれないんだし。

今日はお仕事が休みで、こうタンと自宅にいました。こうタンも午後から耳鼻科に行く予定だったのでのんびりしていたんです。
ソファーでうずくまって治まるのを待っていた時、こうタンは最初心配そうに背中をなでてくれていましたが、だまってどっか行っちゃいました。

しばらくして治まったのでこうタンにごめんねと言ってお昼ご飯にしました。

午後はこうタンが耳鼻科です。いつものお薬をもらいに火曜日に受診していたのですが、火・水・木(つまり今朝も)鼻血が出てしまって。火曜日に受診した時にお薬を塗ってもらっていたのですがさすがに3日連続では心配。
鼻の粘膜・毛細血管が腫れているようで、麻酔をかけて血管を焼き切る(!)という治療を行いました。こうタンがんばったね。

待合室で待ってる時に携帯をいじっていたので「だめだよ。マナーモードにしてしまっておきな」って注意したら「ねー、聞きたいことがあるんだけど」
「なーに?」
「救急車ってどこ?」
「救急車はね、ここ。きんきゅうってとこの「けが・かじ」ってとこ押すんだよ。でも押しちゃだめだよ」と教えました。すると
「ぼく、さっき、救急車呼びたかったんだ。でもどこ押すかわからなかったから」
え? あ、そうか!
こうタンは私が薬を飲んだ時にこれはただ事ではないと子ども心にピンときたのでしょう。それで自分の携帯で救急車を呼ぼうと思ったのですね。(いなくなったのはこの時だったようです)
私はすっかりそのことを忘れていたのでちょっとびっくりしました。

出来る事なら、そういう事態にならないようにしたいところですが。万が一の時は素直に頼ることにしよう。と思ったのでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ふじも
2013年08月23日 22:01
頼りになる長男君!
ここぞ!とゆーとき、やはり行動できるか?そこ重要ですもんね。でも、できることならいつも元気にいたいですね。
意外と子供の方が柔軟になおかつ、迅速に動いてくれそうですね。
体、お大事にしてね。こうタンのためにも。
2013年08月25日 07:13
ふじもっち。

そう!救急車呼べるほど成長してくれるのは素晴らしい!けどそれを確認する事態は出来る事なら避けたい。難しいとこですな。
ひょう女
2013年08月31日 16:55
優しいね、こうたん。
とても素敵な小学生に成長したね。
かわいくないおじちゃんも
よいよいのお爺ちゃん姿も
出来れば見届けられる勢いで
お互いがんばりましょう 笑
決して無理はしないでね、
みゆっちさん。
2013年09月05日 09:07
ひょう姐さん。

こうタンが爺さんになるころ…アタシは白雪姫のリンゴ魔女になってるんではなかろーか?
しかし、小学生に救急車なんてできれば呼ばせたくないよねー。

この記事へのトラックバック