豚汁パーティー

幼稚園で豚汁パーティーが行われました。
なんじゃそりゃ?ってタイトルのパーティーですけど、幼稚園ってね、そんなのばっかり(笑)
今回は保育サポーターに当たっていたのでみゆっちも参加。保育サポーターってね、こういうちょっとした行事の時に保護者が何人か参加して先生のお手伝いをするのね。
4月に保育サポーターが必要な行事の一覧表を渡されて、第一から第三希望までを丸して提出します。
園児の行事だから平日に行われるってとこがアタシには嬉しい。そのなかでも木・金で設定されている行事のなるべく楽そうなのから順に選んで行きました(おいおい

第一希望はプラネタリウム見学だったんだけど。だって引率だけだし、ついでにプラネタリウムも一緒に観てこれて、午前中だからお弁当指定もなかったの。
残念ながらこれは希望者が多かったみたい。抽選に洩れてしまった(考えるとこはみんな一緒か?)
で、第二だったかな、豚汁は。
豚汁は今年初登場の行事です。
おととしまでは、子供たちが畑で育てたさつまいもを「おいも掘り」ってイベントで収穫して、「黄金カレーパーティー」ってので、さつまいも入りの(甘そう~)カレーをみんなで作って食べる!だったのですが。
去年は放射能の問題で子供たちの畑イベントはすべて中止になり、「黄金カレーパーティー」も、ただの「カレーパーティー」として秋に行われました。去年の三月に地震が起きたから多分年間行事の修正とか大きくは出来なかったんでしょうね。
まぁ、やることはカレーパーティーとあんまり変わりません。
年長児は材料を切り、年少児は包丁を使わない、こんにゃくを手でちぎったりを担当します。
で、煮たりするのは保育サポーター。
くじ引きで、どこのクラスに行くか決めました。アタシは年長組のこうタンがいない方の組。こうタンは残念がっていたけど参観日と違ってみんながみんなお母さんが来るわけではないのだから離れて正解だったと思います。

人参や大根などの皮はあらかじめ剥いちゃってから子供たちの出番です。ほとんど何もやってないに等しいんだけど子供たちにとっては、今まで触らせてももらえなかった(たぶんそんな子が多いんじゃない?)包丁を握るって体験が嬉しいのでしょう。
班ごとに一人ずつサポーターがついて、切り方を指導します。
やっぱり、たまに知らない子と触れ合うのは新鮮でいいかも。喋ってばかりの子、ぶきっちょな子、冷静に指導できます。
これが自宅でこうタン相手だったら「いいからおしゃべりしないで!」とか「ちゃんと切れないの?危ないからもうやらなくていいよ」ってなりそうなもんです(笑)
全部の材料が揃ったら、後は煮るだけ。煮るのは職員室の先生の机の上でカセットコンロで。その間、子供たちは各教室で別のことをしてすごしてるようです。
出来上がったら、ホールへ移動。みんなでいただきます。今日はおにぎりを持ってくることになっていて、おにぎりと豚汁でお昼御飯です。
絶対おかわりしそう!と思ってたぽっちゃりくんがいつまでも食べ終わらなかったり、すごい小柄な子が何回もおかわりに立って「え?大丈夫?あとでお腹痛くならない?」なんて心配になったり。先入観は捨てなくては(笑)
洗い物、といってもお椀や箸は各自持参なのでお鍋だけ洗って少しだけ保育参観して今日は預かりなしで一緒に帰りました。
今日はカメラ持ってる場合じゃなかったので豚汁関係の写真は撮れませんでした。カレーパーティーの写真は写真屋さんが来てくれてたはずなのに!ずるーい
画像

自由行動の時にピアニカを吹いてました。こうタンはピアニカ苦手みたいだね。
画像
今日のご飯は「クリームシチュー」「サラダ」「ハンバーグ」でした。

この記事へのコメント

2012年11月12日 07:32
と、豚汁パーティー…なんというネーミング!!社交界のかほりが…
でも、豚汁っておいしいよね!!
2012年11月12日 11:15
みどりママ。

日常にパーティーが度々登場するのよ、セレブだわ(笑)

大きなお鍋で作ってみんなで食べた豚汁は格別でしたよ
みどりママ
2012年11月13日 10:17
パーティーが頻繁なんだ(笑)社交界も忙しそう。でも楽しそう!いいね♪

この記事へのトラックバック